指揮者

(2015年11月14日第5回演奏会)
(2017年4月23日第2回協奏曲特別演奏会)
(2017年9月17日第2回ウィーン特別演奏会(予定))

武藤 英明 先生

桐朋学園大学卒業。斎藤秀雄に指揮を学ぶ。1976年チェコのプラハに渡り、ズデネェク・コシュラーに師事する。1977年、国際バルトーク・セミナーに参加し、最優秀指揮者に輝く。1986年プラハ放送交響楽団とサントリーホール・オープニングシリーズで日本デビュー。1990年同放送交響楽団と「プラハの春」国際音楽祭に出演。2004年名古屋フィルハーモニー交響楽団と再度「プラハの春」国際音楽祭に出演。
今までに指揮している主なオーケストラは、プラハ交響楽団FOK、スロヴァキア・フィルハーモニー、プラハ放送交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、ロシア・フィルハーモニー交響楽団、ネザーランド・フィルハーモニー交響楽団、チューリッヒ交響楽団、国内では、札幌交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団等々。
CD録音:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と モーツァルト:交響曲第40番 ト短調、第41番「ジュピター」他。ターリッヒ室内オーケストラと モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」、ドヴォルザーク:「チェコ組曲」、ヴァイオリンのための「ロマンス」、ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調、ヤナーチェク:弦楽のための組曲。等々
著書に「スメタナ弦楽四重奏団が語るクヮルテットのすべて」(音楽之友社)。


戻る